barcode_kino_top2.jpg

 

barcode_kino_obi1.jpg

sumabo2.jpg

特許技術スマートボイラーテクノロジーを採用。少量かつ小刻みな給水とヒーティングにより絶妙なタイミングでサービスボイラー内の温度と圧力をコンロール。コンパクトなボディでありながらピークでも安定したスチームの取り出しが実現。
barcode_kino_obi2.jpg
MilkPS_image2.jpg

ミルクの供給は、フォームドミルク・ホットミルクはもちろんコールドミルクにも対応するギアポンプ式を採用。ミルク提供後はミルクチューブ内のミルクをミルク保冷個までもで戻しますので衛生面でも安心です。

barcode_kino_obi4.jpg
ynit2.jpg

新開発のブリューイングユニットは、マイクロフィルターを採用し高品質なコーヒーの抽出を実現。またシリンダー径を42mmと48mmから選択することが出来ますのでお店のメニューコンセプトに応じベストなメニュー設定が可能です。

■42mm・・ボディ感のあるエスプレッソをじっくりと抽出したい場合 ■48mm・・飲み口の良い泡立ちコーヒーをスピーディに抽出したい場合
barcode_kino_obi7.jpg barcode_kino_obi8.jpg
wponp.jpg バイブレーションポンプを2個搭載し安定性の向上を流量の増加を実現。トールサイズカップなど抽出量の多いメニューへの対応力もしっかり確保。 wboiler.jpg コーヒーボイラーとサービスボイラーの2つのボイラーを搭載しピーク時の聴力低下を軽減します。またヒーター加熱の効率化を図り消費電力の低減にもつなげます。
barcode_kino_obi9.jpg barcode_kino_obi10.jpg
2cuppcinno.jpg ミルク抽出ラインを2つに分けることによりミルクメニューの2杯取りを実現。ミルクメニューのオペレーションがより効率的に。 addwater3.jpg 抽出口にはお湯専用ラインを装備。アメリカンなどのコーヒーメニュープログラムには欠かせないアッドウォーター設定で、雑味のないクリーンな味に。
barcode_kino_obi11.jpg barcode_kino_obi12.jpg
cyusyutsuguchi.jpg 最高178mmまでの可動域を持つ抽出口。トールサイズのカップもらくらく対応。また大型のカップトレーでスムーズなオペレーションをサポート ilumi.jpg メニューボタンをはじめとするフロント周りを美しく照らし出すイルミネーション機能を搭載。お店のインテリア性を高めます。
barcode_kino_obi3.jpg
drinkbar.jpg 面パネル、メニューボタンデザインなどは、フルセルフサービスでの使用でも優れた適応力を発揮します。またコーヒーカスを台の下に廃棄できるカスシューター仕様にする事も可能。 ※別料金