trouble_food3.jpg

 

ws.jpg
症状 原因 対策
電源が入らない。 手元開閉器またはブレーカが切れている

手元開閉器またはブレーカを入れる。

電源プラグがコンセントから抜けている。

電源プラグをコンセントに差し込む。

キー入力を受けつけない ノイズなどによりコントローラが一時停止した。

手元開閉器またはブレーカを切ってから再度電源を入れる。

オーブン温度が上がらない。 扉が完全に閉まっていない 扉をしっかり閉める。
調理を開始できない。 扉が完全に閉まっていない 扉をしっかり閉める。
オーブンの温度が低い(予熱ランプが点滅している)。 予熱ランプが点灯するまで待つ。
省エネ運転になっている。

省エネ運転を解除する。

調理の仕上がりが悪くなった。 設定が変わった。

正しく設定する。

食材の状態が変化した。 適切な調理前温度、質量、形状および寸法(厚みなど)の食材を使用する。
「FLTr CLn」と表示された。 フィルタの清掃時期になった フィルタを清掃し、エンターキーを押す。
エラーが表示された。 製品に異常が発生した。 点検する。

 上記項目に従って再度点検されても直らないときは使用を中止し、必ず電源を切り、お買い上げ店までお問い合わせください。

 

 

miws700.jpg
症状 原因 対策
電源が入らない。 手元開閉器またはブレーカが切れている

手元開閉器またはブレーカを入れる。

電源プラグがコンセントから抜けている。

電源プラグをコンセントに差し込む。

キー入力を受けつけない ノイズなどによりコントローラが一時停止した。

手元開閉器またはブレーカを切ってから再度電源を入れる。

オーブン温度が上がらない。 扉が完全に閉まっていない 扉をしっかり閉める。
調理を開始できない。 扉が完全に閉まっていない 扉をしっかり閉める。
オーブンの温度が低い(予熱ランプが点滅している)。 予熱ランプが点灯するまで待つ。
調理の仕上がりが悪くなった。 設定が変わった。

正しく設定する。

食材の状態が変化した。 適切な調理前温度、質量、形状および寸法(厚みなど)の食材を使用する。

上記項目に従って再度点検されても直らないときは使用を中止し、必ず電源を切り、お買い上げ店までお問い合わせください。

 

 

 

jet.jpg
症状 原因 対策

電源が入らない。

電源表示灯が点灯しない、

店舗のブレ−カ−

手元開閉器またはブレーカを入れる。

本機配電盤のブレ−カ−

電源プラグをコンセントに差し込む。

本機配電盤のヒュ−ズ切れ

ヒュ−ズが切れていたら、ヒュ−ズを交換してください。

ヒ−タ−切れによる漏電 原因となっているヒ−タ−を交換してください。

15分以上過ぎても使用可ランプが点灯しない。

ブザ−の連続音が鳴り、給水ポンプが作動しない

給水系統(水道の元栓等) 水道の元栓が開いているかをチェックしてください。
給水用電磁弁の異常 電磁弁の分解掃除 または 交換。
省水タンク内の電極棒の汚れ

電極棒の清掃。この場合は水タンクのオーバーフローより流れる。

エラ−表示(E-1)点灯し、警報ブザ−が鳴る安全弁が作動する。

缶体内蒸気圧制御の異常

ヒ−タ−用SSRの故障

SSR 交換

エラ−表示(E-2)点灯し、警報ブザ−が鳴る。

 

缶体内水位正常ランプと使用可ランプ消灯。

缶体内の水垢やスケ−ルの付着によるヒ−タ−空焚き ヒ−タ−を確認し、問題があれば交換。
缶体のオ−バ−ホ−ル または交換。
軟水器内の樹脂 または軟水カ−トリッジの交換。
電圧が低い または電圧降下が大 使用前と使用中の電圧を比較チェック。

エラ−表示(E-3)点灯し、警報ブザ−が鳴る。

給水ポンプは作動している

ポンプのエア−噛み逆止弁(VALSTOP)内部にゴミが付着 水タンク〜ポンプ間のホ−ス交換、または給水ポンプ交換軽くたたく等、衝撃を与える、または分解掃除を行ってください。

 エラ−表示(E-3)点灯し、警報ブザ−が鳴る。

給水ポンプは停止している

給水ポンプの保護装置作動 ポンプの異常発熱によりサ−マルプロテクタ−が作動。水タンク〜ポンプ間のホ−ス交換、または給水ポンプの交換。
上記以外のポンプ異常 給水ポンプの交換。

 

 

 

os7m.jpg
症状 原因 対策

マシンが作動しない、

ヒューズ切れ

ヒューズを確認。切れていれば交換。  (下記参照)

電源コードが抜けている。

電源プラグをコンセントに差し込む。

ブレーカーが落ちている。

店舗設備のブレーカーを入れる。

マシンは作動するが、抽出されない

アイスの温度が低すぎる 冷凍ストッカーの温度を確認。すべて固いようなら温度設定を変更する。
カートリッジが破損している 別のカートリッジに交換。
カートリッジ底面のシールがはがれていない。

底面のシールをはがす。

抽出はされるが、アイスが軟らかすぎる

アイスの温度が高すぎる。

冷凍ストッカーの温度を確認。すべて軟らかいようなら温度設定を変更する。

 

 ヒューズの確認、交換手順

 

 ①メインスイッチで電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。

manual_os7.jpg

 ②本体左後側のヒューズボックスをマイナスドライバーを使って開けて下さい。

manual_os72.jpg

 ③ヒューズボックスを取り出し、ヒューズを確認してください。切れている場合は新しいものに交換してください。

(4Aヒューズ)

 

 

 

 

gtp.jpg
症状 原因 対策

機器が冷えない、またはコンプレッサーは作動しているのに一部分しか冷えない。

機器の周囲に喚起に十分な空間が確保されていますか?

隣の機器との間隔を20cm 以上確保してください:熱源からはなしてください。

冷却システムがデフロストモードになっている。

フリーズモードにしてください。

コンデンサーのフィンがほこりで詰まっている。

コンデンサーフィンを清掃してください。

ファンモーターが停止している。 ファンモーターをチェックし、必要なら交換してください。
冷媒が漏れている。 冷媒の漏れをチェックし、修正して補充してください。

機器が冷えない、またはコンプレッサーは作動しているのに一部分しか冷えない。

コンプレッサーの電気部品が機能していない。 機能していない部品を交換してください。
配線の接続が不良。 接続をチェックし、修正してください。
コンプレッサーが故障している。

コンプレッサーを交換してください。

機器から大きな異音がする。

ファンの羽がほかの部品に接触している。

チェックして修正してください。

メインスイッチをON にしたのに機器が起動しない。

トップカバーが正しく取り付けられていない。 トップカバーを正しく取り付けてください。
いずれかの電気接続がされていない。 接続をチェックし、修正してください。
メインスイッチが壊れている。 メインスイッチを交換してください。
制御基盤が壊れている。 制御基盤を交換してください。
コンプレッサーのDC ドライブが壊れている。 DC ドライブを交換してください。
ギアモーターが壊れている。 ギアモーターを交換してください。

ボウルから液体が漏れる。

いずれかのシールがずれている。 シールを取り付けなおすか、交換してください。

取り出しバルブから漏れる。

給取り出しバルブが正しく取り付けられていない。 取り出しバルブを正しく付け直すか、交換してください。
取り出しバルブの動きが渋くなっている。 取り出しバルブおよびシリンダーを清掃し、潤滑剤を塗布してください。
取り出しバルブのO リングが破損している。 O リングを交換してください。
食材が排水パイプを通ってドリップトレーに流れ出る。 シリンダー正面とオーガーのハブの間のベル形シールが正しく取り付けられていない。 シールを正しく取り付けてください。
ベル形シャフトシールまたはスピンドルブッシングシールが破損しているか着いていない。 シールを交換、又は正しく取り付け、ドライブシャフトの動きを確認してください。
オーガーが回転していない。 トップカバーが正しく取り付けられていない。 トップカバーを正しく取り付けてください。
いずれかの電気接続がされていない。 接続をチェックし、修正してください。
制御基盤が壊れている。 制御基盤を交換してください
コンプレッサーのDC ドライブが壊れている。 DC ドライブを交換してください
ギアモーターが壊れている。 ギアモーターを交換してください
オーガーが回転するときに異音がする。 ベル形シャフトシールの潤滑剤が足りない、まsfffたは破損している。 シールを清掃し潤滑剤を塗布してください、または交換してください
オーガーが正しく取り付けられていない。 オーガーを正しく取り付けてください
表示の最初と最後のLED が点滅し、機器が冷えない。 ボウルの中の食材が少なすぎる。 レベルプローブが隠れるまで食材を足してください。